トップ / ロレックスを維持するために

不具合のを見つけたら早急にプロに相談

頑張って購入した「ロレックス」を大切に長く使用していくためには、相応の維持費は必要です。かかる維持費としては大きく二つ「故障した場合の修理費用」や「オーバーホールなどの定期メンテナンス料金」が挙げられるでしょう。特に不具合の発生を見つけたら早急にプロに相談する必要があります。ロレックスの修理についてならこちら。

思い入れの強いあこがれの「ロレックス」が故障した場合、故障時の手配について事前知識が全くないと思わずパニックになってしまうものです。万一「故障した場合の修理」について、あらかじめ修理の依頼先や手配の仕方を調べておくことで慌てず冷静に対処することができますよ。あらかじめ把握しておきたいポイントをまとめてみました。

■故障の備え・アフターサービスについて
「ロレックス」の故障時にはまだ保証期間が残っているか否かが重要です。保証期間内の故障であればアフターサービスとして、原則修理を無料で受けることができます。しかし、保証期間を過ぎていた場合は有償での修理になります。また、正規購入であれば「ロレックス」メーカー保証が付き、並行輸入品の購入であれば販売店の保証が付いているはずです。保証書に記載された保証期間を把握しておきましょう。

■定期メンテナンスについて
「ロレックス」のような機械式腕時計を故障しらずで快適に利用するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。3-5年ごとの定期メンテナンス「オーバーホール(分解掃除)」をはじめとして、時差調整のためのタイミング調整などについてもメンテナンス依頼先のアドバイスを確認しましょう。また、「ロレックス」の正規オーバーホールには「新品仕上げ(外装研磨による傷消し)」がサービスでついていますから購入時の姿で手元に戻ってきてくれますよ。

Copyright © ロレックスの扱い方の注意. All rights reserved.